お通夜ってお葬式って、亡くなられた方を弔うのは、二回あります。

これは、どちらに参会してもかまいません。

ただ一般的な、心持ちというか決まりというようなものがあります。

親族であれば、勿論お通夜にもお葬式にも参会行なう。
また近辺や友人であって、つきあいが深ければ、同じです。
近所にすんでいて、多少つきあいがある個々も、どちらにも参会行なう。

ごくごく一般的なつきあいであれば、お葬式だけの参会でかまいません。

会社の友人であれば、お通夜だけ参列することが多いです。
またある程度のつきあいがあったとしても、必要をあまりに追い抜けることができず、夜にしか行けないのであれば、
お通夜だけでもかまいません。

但し最近は、おつきあいにかかわらずお通夜だけ参列する…という個々が増えてきています。

亡くなられた方とのつきあい、そうしたら自分の成り立ちなどを考えて、
参列するようにしましょう。
また領域を通じての決まりも、とあるところがあります。家族葬の費用

最近は、様々なお葬式あげほうがあります。

TVも各種お葬式のあげほうが取り上げられている。
通常葬…というのを聞いたことはありませんか?

「通常葬」というのは、海や山野といった通常へ遺骨を埋葬したり、散骨したりすることになります。
お葬式のあげ皆さん…というよりかは、埋葬方法のひとつといえるでしょう。

通常葬は、宗教や宗派に関係なくできます。

最近では、亡くなられたほうが生前に世帯に通常葬をしてほしいとか、
遺言書などで希望するようになっています。
一般的には、「自然にかえりたい」という意思レッテルをします。

また一般的なお葬式をあげ、納骨もやるけれども、
遺骨の一部だけを通常葬とする第三者もいる。

様々な持ち味があり、また亡くなられた後述も様々なお葬式のあげ皆さんや埋葬の手立てがあります。
またその方法も増えてきています。

個々人はどんな風にしてほしいのか…、あらかじめ家族で課題をしたり、
遺言書で残しておくといいでしょう。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら