ホワイトニングには歯質による効果の違いも重要

ホワイトニングの効果を上げるには、薬剤、機材も大事ですが、最も大事なのは歯質です。
歯質と薬剤、機材の特徴の結びつきによって、その効果が大きく変わってきます。
歯質には個人差があり、人種、民族、性別、年齢によって異なります。
歯質の中でもホワイトニングでは、元の歯の色と歯の硬さが重要な要素となります。
歯の硬さですが、虫歯の経験が多い方はやわらかく、虫歯の無い方が硬い歯です。
ホワイトニングの効果は歯の色が明るめで、歯がやわらかければ、白くなりやすくなります。
逆に歯の色が暗めで、歯が硬いタイプは白くなりにくくなります。
強めの薬剤、光を使用することで白くなりやすい歯質はより白く、白くなりにくい歯質でも、一定の効果が期待出来るようです。
しかし、弱めの薬剤や光の場合は、白くなりやすい歯質であっても白くなるまでに時間がかかり、
白くなりにくい歯質ではかなりの回数と期間が掛かり、あまり効果が得られないことがあります。

ホワイトニング歯磨き粉のおすすランキングはこちらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です